びびりぃボーダー、イナズマくんののほほん日記
勇ましい名前に反するおとぼけ&びびりぃなボーダー・コリー 「イナズマ」 と同居人 「Ryoko☆」、                    そして時々やってくる保護犬たちとののほほん日記です♪

プロフィール

Ryoko☆

Author:Ryoko☆
おとぼけボーダー・コリーのイナズマくんと暮らしています。
犬とカフェをテーマにしたカレンダー&情報サイト「Dog in the cafe」、
麻布十番の犬グッズ屋「Tekuteku with tail」を経て、ただ今充電中~☆

今は里親募集中のパピヨン「一歩くん」もくわわり、
慌ただしい毎日を過ごしています☆


‥みんなで作る愛犬のカレンダー‥
★Dog in the cafe★
Dog in the café


‥麻布十番の犬グッズ屋さん‥
★Tekuteku with tail★
東京都港区麻布十番1-3-8-101
11:00~20:00 (火曜日定休)
TEL:03-3584-1620
URL:http://tekuteku.in/

Tekuteku



人気blogランキング!

人気blogランキングに登録してみました。 よろしかったらぽちっ U^▽^U とお願いします♪

人気blogランキング!=
 

1日1回 クリックで応援お願いします☆



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



天気予報



BlogPet U^▽^U



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



U・ェ・) U・ω・U (^・(I)・^)

ワンコ大好き♪



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


保護犬についての 「何様?」 な電話。

電車の中でもんもん、いらいら。

こんな時はイナズマの写真を見てリラックスリラックス。

ベッドにONっ!


今日、新しく犬を迎えたいという人と話す機会がありました。
里親募集の子の中から考えていて、どこかによさそうな子がいないか、
とのことで私に話が回ってきたのですが、
里親募集中の子の中からと言ってくれていい人だと思い話を聞いてみたら、

どんな子がご希望なのかを聞くより先に一方的に、
里親会に足を運ぶのは車がないから無理。
保健所に聞いたら平日の講習会に出ろと言われたが、
こっちは働いてるんだからそんなの無理。
さらには保護団体の譲渡費用について文句たらたら。

「皮膚病だったり、噛み犬だったり、
正直誰が欲しがるの、的な犬にまでお金を請求するなんて信じられない。
2~3万出したら地方だったら子犬でもっと条件のいい犬が買えるよ。
中には4~5万とかいうとこもあって、金儲けとしか思えない」 って。

譲渡費用や医療費の一部を負担してもらっている保護団体さんが多いが、
それはその子を保護してから必要な健康チェックや医療を受けさせたり、
避妊去勢をしたりするためにかかった費用だったり、
里親さまが決まるまでにかかる食費やその他の費用としてかかったお金であって、
中にはひどい所もあるかもしれないけど、
基本的には過剰に請求しているものではないこと。

その費用だって自らが負担している預かりボランティアさんだっていっぱいいるし、
医療費を請求しないで協力してくれる保護犬に理解のある動物病院さんだってある。

それでも大多数の保護団体さんは、
譲渡の時に頂くお金や寄付金でなんとかかんとかやっていること。
里親さまからのお金は利益としてではなく、
また新しい子を保護するための活動資金として使われていること。

色々と説明したけど、
「好きでやってるんでしょ」
「お金が回らないなら辞めりゃいい」
「お金なんてとらずにやってる人こそ本当のボランティアだ」
「こっちは善意でかわいがってあげようと思っているのに」 だそうだ。

しかも、
「それだけお金を取るくせに、
譲り受けた犬が病気になったり、しつけ上のトラブルがあったって責任とらないんでしょ」
「一人暮らしだったら、
何かあった時にその子の面倒を見れる保証人はいるかとかいろいろ聞くのは、
戻されたくないからでしょ」 って。

そのことについても、
預かりボランティアさんも手一杯な状況でやっているし、
一頭送り出したらまた新しく保護していることも多いので、
送り出した子が次から次へと戻ってきたら大変なのは事実です。

でもそれよりも、
保護犬の中には捨てられたりして心に傷を負っている子もいるので、
その子が二度と悲しい思いをしないですむように。
そういう理由で厳しい条件を設けている所もありますよね、と説明し、

譲渡費用は今後のその子に対する責任のお金ではなく、
その子が保護されてから里親さまの元に旅立つまでにかかった費用の、
ほんの一部だと説明したけど、

そんな無責任なやり方をしているから里親が広がらないんだ、と。

最初の数分で、
『あなたは里親になるとか以前に、動物を飼わないでください』
って思っていたけど、
こういう人は勝手な解釈と思い込みで周りに吹聴して回る人が多いので、
保護犬に対する悪い印象を広められたら嫌だと思い、
あくまで丁寧に丁寧にお答えしました。

最後は、
『私の知っている保護団体さんや預かりボランティアさんの中には、
◯◯様のご希望に添えるワンちゃんは今はいそうにありません。
お力になれずすいません』
と電話を切りました。

お前みたいなヤツは動物を飼うな!
里親になった後も保護先に責任転嫁するような考えで善人ぶるな!
言いたいことをぐっと飲み込みました。

私も大人になったもんだ。。

本当は、くだらなさ過ぎて、
途中で何度も電話を切ってしまおうか、
それとも聞こえよがしに大きなため息でもついて、
「じゃぁ2~3万で買いに行けばいいんじゃないですか?
というか、あなたには飼ってもらいたくないですけどね」 って言ってやろうか、
と思いました。

かわいがってあげようと思ってるのに、って何様だ~~。

こういう人は犬が病気になった時にきちんと治療してくれない気がします。
本当に動物を飼わないでほしい!

いくつか団体さんに問い合わせたら、メールに返信がなかったり、
今はシニア犬や嚙み犬しかいないと言われたりしたと言っていましたが、
もしかしたら 「こんな人に譲渡する犬はいないよ」
って意味での対応だったのかもしれません。

「保護犬から探そうとしている私ってなんて優しいのかしら」
「折角私が引き取ってあげようとしているのに、保護団体が間違った考えをしている」
って考え方は、
保護犬や、
一生懸命やっている保護団体さんを小馬鹿にしている感じで腹が立ちました。

今後も他の人や団体さんから断られ続けて、
一生犬を飼わないで、と強く願ってしまいます。

挙げ句の果てに、
「お知り合いの保護団体さんにお金とかとらない方がいいって教えてあげて」
って言われました。

見ず知らずの人に犬を紹介しろと言ってきて、
散々相談に乗らせておいて、
何をトンチンカンなご意見様。

あほか!!!

帰ったらイナズマをもふもふしながらビールを飲んでやる!!


*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

最後まで読んで下さりありがとうございます。
「悲しくって、腹立たしくって、そして何よりも、
‟おまえみたいなやつは絶対に動物を飼うな~~” と強く願う」 私に、
ぽちっ U^▽^U とエールをお願いします♪
人気blogランキング!=



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://inazuma0830.blog109.fc2.com/tb.php/3072-a1fc349e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。