びびりぃボーダー、イナズマくんののほほん日記
勇ましい名前に反するおとぼけ&びびりぃなボーダー・コリー 「イナズマ」 と同居人 「Ryoko☆」、                    そして時々やってくる保護犬たちとののほほん日記です♪

プロフィール

Ryoko☆

Author:Ryoko☆
おとぼけボーダー・コリーのイナズマくんと暮らしています。
犬とカフェをテーマにしたカレンダー&情報サイト「Dog in the cafe」、
麻布十番の犬グッズ屋「Tekuteku with tail」を経て、ただ今充電中~☆

今は里親募集中のパピヨン「一歩くん」もくわわり、
慌ただしい毎日を過ごしています☆


‥みんなで作る愛犬のカレンダー‥
★Dog in the cafe★
Dog in the café


‥麻布十番の犬グッズ屋さん‥
★Tekuteku with tail★
東京都港区麻布十番1-3-8-101
11:00~20:00 (火曜日定休)
TEL:03-3584-1620
URL:http://tekuteku.in/

Tekuteku



人気blogランキング!

人気blogランキングに登録してみました。 よろしかったらぽちっ U^▽^U とお願いします♪

人気blogランキング!=
 

1日1回 クリックで応援お願いします☆



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



天気予報



BlogPet U^▽^U



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



U・ェ・) U・ω・U (^・(I)・^)

ワンコ大好き♪



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さくらの里山科さんの伴侶動物福祉活動とちばわんさんのいぬ親会ねこ親会。

いつもお世話になっている動物病院のI院長が、
横須賀にある 特別養護老人ホーム 「さくらの里山科」 さん の見学に行かれるとのことで、
私も同行させていただけることになりました。

さくらの里山科


「なんで老人ホームに???」

それはさくらの里山科さんが、
「伴侶動物福祉」 というのをホームの理念とされていて、
捨てられた犬や猫を引き取って、
ホーム内で一緒に生活するという活動をされているからなのです。

この活動は全国で殺処分されている犬や猫を救うことにもつながりますし、
ご入居されている方たちのアニマルセラピー効果も期待できますし、
家族動物と離れるのが嫌で老人ホームに入るのを断念している方たちにとっても、
理想的な形だと感じました。

さくらの里山科


さくらの里山科さんでは、
ホームが引き取った子たちのほかに、
飼い主さんと一緒に入居した子もいるのですが、
その飼い主さんがお亡くなりになった後も、
それまでと変わらずホームの子として暮らしているそうです。

その他にも、
入院したり動物NGのホームに入居するために、
泣く泣く離れて暮らさなくてはいけないという方からの相談があり、
犬や猫だけが入居しているというケースもありました。

そして驚いたのが、
病気をもっていたり、障害を持っていたり、老齢だったりする子を、
優先的に受け入れていたことです。

こういう子たちはなかなか引き取り手が見つからないので、
譲渡対象から外されて殺処分されてしまったり、
運よく保護団体さんに引き出してもらえてもなかなか里親様が決まらず、
長期間保護生活が続くため、
シェルターや預かりさんの負担が大きくなるケースが多いです。

そういった子にも手を差し伸べてくれることで、
その子たちの命が救われると同時に、
保護団体さんのご苦労の軽減にもつながる、
とても素敵な試みだと感じました。

さくらの里山科


もちろん動物が苦手な方やアレルギーのある方への配慮もされていて、
犬や猫がいるエリアと、いないエリアにきちんと区切られていました。

エレベーター前に柵が設置されていたり、
ドッグランがあったり、
動物たちの飛び出し防止のために、
入室の際はブザーをならしてから入るというルールが設けられていたり、
食べやすいようにミールテーブルが用意されていたり、
病気の子のために酸素室が設置されていたり。

ご入居されている方たちに対してはもちろん、
動物たちへの配慮もきちんとされていました。

さくらの里山科


スタッフの方々の動物たちへのやさしい思いと熱意、
そしてご担当された行政の方のご理解があったからこそ、
こういうスタイルが実現できたんですよね。

でも、何頭でも受け入れが可能というわけではなく、
増えれば増えるだけスタッフの方たちの負担が増えますし、
衛生的に保つためにも、生活水準を保つためにも、
受け入れられる頭数には制限があります。

なのでさくらの里山科さんのような施設が、
1つでも多く増えていってほしいです。


そしてこの日はホームのドッグランで、
ちばわんさんの 「いぬ親会ねこ親会」 が開催されていて、
ちばわんさんで広報を担当されている、
カプアンパパさんにも久々にお会いできました!

ちばわんさん里親会inさくらの里山科


カプアンパパさんのおうちのアンジェロくんもカプアちゃんも、
ちばわんさんの卒業犬です。
(豆情報:カプアちゃんはイナズマの愛しい愛しいガールフレンドです

そしてさくらの里山科さんに入居している、
ワンコのぶん福くん、プーにゃんちゃん、大喜くん、
エイズキャリアのニャンコのとらのすけくんも、
ちばわんさんの卒業っ子だそうです。

ちばわんさんは、
色々な場所で毎週のようにいぬ親会ねこ親会を開催されています。
新しいご家族との出会いを待っている子たちがたくさんいますので、
新しく犬や猫をお探しの方は是非一度足を運んでみてください。

ちばわんさんHP
http://www.chibawan.net/index.html


さくらの里山科さんの様子は、
カプアンパパさんがとても分かりやすくレポートされていますので、
こちらをぜひご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/angelopapa/e/3742ad868edef9a23d3031f144e2a48e


*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

最後まで読んで下さりありがとうございます。
「ママが入居するときが来たらぼくも付いて行ってあげるよっ♪」 なイナズマに、
ぽちっ U^▽^U とエールをお願いします♪
人気blogランキング!=



この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://inazuma0830.blog109.fc2.com/tb.php/2699-e087a2e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。