びびりぃボーダー、イナズマくんののほほん日記
勇ましい名前に反するおとぼけ&びびりぃなボーダー・コリー 「イナズマ」 と同居人 「Ryoko☆」、                    そして時々やってくる保護犬たちとののほほん日記です♪

プロフィール

Ryoko☆

Author:Ryoko☆
おとぼけボーダー・コリーのイナズマくんと暮らしています。
犬とカフェをテーマにしたカレンダー&情報サイト「Dog in the cafe」、
麻布十番の犬グッズ屋「Tekuteku with tail」を経て、ただ今充電中~☆

今は里親募集中のパピヨン「一歩くん」もくわわり、
慌ただしい毎日を過ごしています☆


‥みんなで作る愛犬のカレンダー‥
★Dog in the cafe★
Dog in the café


‥麻布十番の犬グッズ屋さん‥
★Tekuteku with tail★
東京都港区麻布十番1-3-8-101
11:00~20:00 (火曜日定休)
TEL:03-3584-1620
URL:http://tekuteku.in/

Tekuteku



人気blogランキング!

人気blogランキングに登録してみました。 よろしかったらぽちっ U^▽^U とお願いします♪

人気blogランキング!=
 

1日1回 クリックで応援お願いします☆



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



天気予報



BlogPet U^▽^U



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



U・ェ・) U・ω・U (^・(I)・^)

ワンコ大好き♪



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


犬が生きてきた目的。

あるサイトで素敵なお話を目にしたので、
転載させていただきます。

A Dog's Purpose
                     ( ↑ クリックすると大きくなります)

私は獣医として働いているが、
ある日ベルカーと言う名前の10歳になるウルフハウンドを診るために呼ばれた。
主人のロン、その妻リサ、そして小さな息子のシェインは3人ともベルカーが大好きで、
何らかの奇跡が起こってくれないかと期待していた。

ベルカーを診察してみると、ガンで余命わずかであることがわかった。
もうベルカーは手遅れなことを家族に伝え、家庭で安楽死させる選択肢があると伝えた。

各種手続きを取っていると、
夫婦は6歳の息子シェインにもその処置を見せるつもりだと私に言ってきた。
シェインがその経験によって、何か学ぶものがあるかもしれないと感じたようだ。

その翌日、私はベルカーの家族に囲まれながら、喉に何かひっかかるようなものを感じていた。
歳を重ねた犬に最後の抱擁をするシェインは落ち着いているように見え、
私はこの子が状況を理解できているのか疑問に感じていた。

数分のうちにベルカーは安らかに、眠るように息を引き取った。

シェインはベルカーの変化を特に混乱することもなく、難なく受け入れたようだった。
私たちはベルカーの死後、しばらくそこに座り、
動物の命が人間のものより短いと言う、悲しい現実について話し合った。

静かに会話を聞いていたシェインが突然、「どういうことか、わかるよ」と言った。

私たちは驚き、全員が彼の方を向いた。

彼がそのときに放った言葉は私を驚かせた。
それまで、これほど心地よい説明を聞いたことがなかったからだ。

彼はこう言ったのだ。

「人は、いい人生の過ごし方を学ぶために生まれてくるよね?
いつもみんなを愛することとか、人に優しくすることとか。だよね?」

そしてその6歳の少年は続けた。

「ほら、犬はもうそれをすでに知ってるんだから、
そんなに長いこと、この世にいなくていいんだ」



A Dog's Purpose


( らばQさんのサイトより http://labaq.com/archives/51387194.html




みんながこの男の子のような気持ちで、
犬と接することが出来たら、

虐待とか飼育放棄とかで苦しむ犬が減るんだろうな、
って思いました。

そして、イナズマくん。

私はやっぱりそれでも、
君ともっともっと長く一緒にいたいと思っちゃいます。

INAZUMA Photo by Ryoko☆


*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

最後まで読んで下さりありがとうございます。
「ずーっと一緒にいようね♪」 なイナズマ家に、
ぽちっ U^▽^U とエールをお願いします♪
人気blogランキング!=




この記事に対するコメント

Ryoko☆さん、素敵な記事をありがとうございます。犬ってすごいですよね!フィービーは家に着いて、キャリーから出してあげると、すぐにシッポを振ってくれたんですよ。まるで、私が不安な気持ちになっているのを見透かしているように、大丈夫よって言うように・・・先住犬の亡くなったルカからも沢山のことを学びました。犬のハートってすごく大きいんですよね~。
【2011/08/24 18:26】 URL | レンクリ #-[ 編集]

→レンクリさんv-360
フィービーちゃん、頼もしいですね!
きっと「運命のママ。ここなら安心」って分かったんですね♪
車とか電車の音とかは怖がるけど、
意外と「頼れるお姉さんタイプ」なのかもしれません(笑)

イナズマは完全に「甘えっ子タイプ」です。
ルカくんはどんな子だったのでしょう。
お写真だととってもクールな印象ですが、
今度ゆっくりとブログにお邪魔して、
ルカ君のことをもっと知りたいです!

【2011/08/24 20:07】 URL | Ryoko☆ #RPP6IxVA[ 編集]

そっか そうなんだ~ と 人の人生の事
そして犬の犬生の事 わかった気がしました。。。

でも やっぱりイナママさんと同じで
1日でも1秒でも長生きして そばにいて欲しい
【2011/08/26 02:07】 URL | ハピママ #k9MHGdfk[ 編集]

→ハピママさんv-360
そうですよね。
犬たちは色々なことを教えてくれるけど、
私たちが何よりも望むのは、
「一日でも長くそばにいてくれること。幸せでいてくれること」 ですよね♪
【2011/08/26 09:59】 URL | Ryoko☆ #RPP6IxVA[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://inazuma0830.blog109.fc2.com/tb.php/1544-a3bb73ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。